サブメニュー

小さい単位で借りられるカードローン

お金を借りるとなると人気の高い消費者金融を利用するキャッシングでも、少し敷居が高く感じることもある銀行が発行するのカードローンでお金を借りた場合、借りたお金の元金分はもちろん、それ以外に利息も返済しなければなりません。

小物を買うときにでもカードローンは役立つ

利息のことを考えるとき、真っ先に頭に浮かぶのが金利のことです。利息の金額は、残高に金利を掛け算して算出されるのです。ですので、金利ができるだけ低いカードローンやキャッシングを選ぶのは当然のことです。

しかし、ここで忘れてはならないことがあります。金利以外にもうひとつ利息を決定する要因、つまり残高です。残高をできるだけ少なくすることが、利息の支払を少なくすることでもあります。そのためには、随時返済をしていくことでできるだけ残高を減らしていくことももちろん有効です。

ただし、それほど金銭的余裕がないという場合には、できるだけ余計なお金を借りないことが重要です。そのためには、できるだけ無駄なくお金を借りることが重要です。

カードローンやキャッシングの中には、10000円単位でしかお金を借りられないところがあります。本当は3000円でいいのに、仕方なく10000円借りることになってしまい、利息の支払も多くなってしまいます。

それならば、1000円単位でお金を貸してくれるカードローンやキャッシングを選ぶことです。そうすれば、無駄なく残高を減らすことができます。

地方銀行カードローンは手数料がかかる

一般的に、消費者金融がお金を貸すことをキャッシングといい、銀行がカードを使ってお金を貸すことをカードローンと言います。メガバンクだけでなく地方銀行でも、最近ではカードローンを取り扱っているところが増えています。しかし、大手と地銀では様々な違いがあります。

そのうちのひとつに、手数料があります。カードローンで手数料が発生するケースというのは、自行のATM以外でお金を借りたり返済したりするという場合です。メガバンクの場合、手数料を無料にするための方策はこれ以外にもいくつかあります。

そのうちのひとつが、コンビニエンスストアです。通常はコンビニエンスストアからお金を借りたり返済したりすると、手数料を取られてしまいます。しかしメガバンクの中には、それを手数料無料にしているところもあるのです。

一方で地方銀行の場合、自行のATM以外で手数料を無料にするというのはなかなか難しいです。コンビニエンスストアなどでお金を借りたり返済したりすると、もれなく手数料がかかります。メガバンクと比べて、対応しているコンビニエンスストアの種類もあまり多くはありません。

それでも、主要なコンビニエンスストアのATMはラインナップされていますので、不便を感じることはありません。